雲居 残月 の 小説道場

主に「小説家になろう」で書いた話を中心に、小説投稿をおこなっていきます。

第30話「波刈神社 その4」-『竜と、部活と、霊の騎士』第5章 決闘

f:id:kumoi_zangetu:20140727130249p:plain

◇佐々波珊瑚◇

 白墨で描いた線が、何者かによって消された。
 学校から海へと下った商店街。その近くにあるアパートの一室で、私はそのことに気付いた。

 消えた線は、どこだろう?

 四畳半の畳部屋で、こたつ机に向かいながら考える。机の上には、学校の資料と湯呑みが載っている。来週の授業をどう進めるか、過去のノートを見返しながら、計画を立てている最中だった。

 波刈神社。

 記憶をたどり、そこに引いた線だと特定する。それも、末代が施した、文字縛りの結界の中だ。そのことの重大さに、私は緊張する。
 何者かが結界を破り、偽剣の安置場所に侵入した。すぐに対応しなければならない。私は手を伸ばして、コンセントに接続していたスマートフォンを手に取る。アドレス帳から、朱鷺村さんを選んで、出てくるのを待った。

「はい、朱鷺村です」

 夜遅くだが、声はしっかりしている。この時間に、私から連絡があったということで、事態の深刻さを認識しているのだろう。

朱鷺村さん。波刈神社の偽剣を安置してある場所の結界に、何者かが入ったみたいなの」
「分かりました。すぐに向かいます。先生は、どうされますか?」
「車で向かうわ」
「慎重に運転して、事故を起こさないようにしてください」
「はい、分かりました」

 確かにそうだ。私は思わず敬語で返事をする。朱鷺村さんの言うように、慌てて運転して、事故になったら大変だ。
 私は電話を切り、外に出るために、何を着ていくか考える。さすがに、ジャージ姿で出ていくのは、気が引ける。洗濯かごに入れた服を着ていこうと思い、急いで着替えを始めた。

「忘れないように、持って行かないと」

 机の上に置いた小袋を手に取り、首から提げて、服の下にしまう。中には霊珠が入っている。その虹色の姿を想像しながら、私は自分が授かった能力について考える。

 白墨。

 いわゆる、黒板に白い線を引く、チョークのことである。七年前、初めて霊珠を前にして、心を一点に集中した。その時、私が目にしたのは、幼年時代の思い出だった。

 小学一年生の私は、夕日が景色を染める中、アスファルトの道路に向かっていた。右手には一本のチョークがあり、左手には図書館で借りてきた数学の本があった。
 その頃、私は、グラフを描くことに熱中していた。数式に値を入れると、座標が定まる。値を細かく変えていき、点を連ねることで、直線や曲線を紡ぎ出す。それは、幼い私にとって、魔法のような驚きだった。わずか数文字の式が描き出す、不思議な世界。
 私はその魅力に取り付かれて、地面に縦軸と横軸を取り、様々な線を引いていた。

 そういった私に、友人はいなかった。同い年の子供たちの関心は、別の方面にあった。テレビの人気番組や、おもちゃや、ゲーム。私のように、数学の本を片手に、その計算とグラフの描画を楽しむ者は、周囲にはいなかった。

 その日私は、いつものようにグラフを描いていた。チョークの線は、螺旋を取りながら発散していく。それは無限の宇宙を感じさせる、素晴らしい曲線だった。
 夕焼け空の下、子供たちの声が聞こえた。その声は波のように押し寄せて、私の螺旋を踏みにじった。寄せては返す波が、砂浜の文字を洗うように、子供たちの靴は、チョークの描線を途切れさせる。
 数式から導き出された、調和の取れた世界は、カオスに飲み込まれるように、法則性のない破線に変わっていく。

「私の線を消さないで!」

 声を聞いた子供たちは、不思議そうな顔をして、私の顔を見た。彼らは、奇妙なものを見るような目で、私を眺めたあと、笑い声を上げながら、長い影とともに去っていった。

 その日私は、人は、他人と感動をともにできないことを知った。人間の心は決して交わらず、交点を作らないと悟った。切断された白墨の線は、傷付いた私の心の象徴だった。その切れ目は、切り傷のように、私に痛みをもたらした。

 霊珠で見た光景は、そういった私の心の原風景だった。
 私は白墨の能力を得た。その力は、戦いに直接使えるものではなかったが、様々に応用できるものだった。この島の変化を感知するために、私はその能力を使っている。
 休日のたびに、島の各所に赴き、霊の白墨で線を描く。その線を踏み消せるのは、霊的な存在だけである。死霊や、霊珠を持った人間だけが、白墨の線を消すことが可能だ。そして、線が切断されると、私は痛みを感じる。線は、私の心だから。私の心の象徴だから。

 財布と車の鍵をポケットに入れて、玄関に向かう。四畳半二間の部屋なので、すぐに扉までたどり着く。外に出て、駐車場に向かう。軽自動車に乗り込み、エンジンをかける。
 波刈神社で何が起きているのだろう。嫌な予感がした。昨日、新入生たちが襲撃を受けた件と、関係があるのかもしれない。

「弥生、あなたが仕組んだことなの?」

 高校時代の友人、学校でのかつての同僚の名前を口にする。

「なぜ、あなたは私たちを裏切り、殺人鬼たちを派遣したの?」

 再び会うことができれば、聞いてみたかった。
 フロントガラスの向こうの闇は答えない。弥生は闇球を使う。彼女が、ふらりと暗がりから出てきて、私の疑問を解消してくれればよいのにと思った。
 夜の闇の中、車は道を走っていく。海沿いの道路に出た。視界の先には、波刈山が見える。

「あっ」

 体が跳ね、私は声を上げた。車が路肩に乗り上げていた。急いでブレーキを踏み、歩道の街路樹の直前で停止する。また、やってしまった。朱鷺村さんに、呆れた目で見られるのだろうな。私は、先生の威厳というものを考えながら、車の様子を確かめる。
 どこにも問題はなさそうだ。ほっと胸をなで下ろす。のろのろ運転で向かった方が、よさそうだと反省する。

「安全運転、安全運転」

 念仏のように唱えながら、制限時速よりも遅い速度で、私は夜の道を進んでいった。

広告を非表示にする