雲居 残月 の 小説道場

主に「小説家になろう」で書いた話を中心に、小説投稿をおこなっていきます。

第93話「嫌儲」-『部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ』

f:id:kumoi_zangetu:20140310235211p:plain

 花園中学は、頭がお花畑の人間が通う中学ではない。花園という地域に存在している、まともな中学校だ。その花園中の文芸部には、人生の浪費家たちが集まっている。そして日々、無駄な時間と金を垂れ流し続けている。
 かくいう僕も、そういった無駄な生き方については一家言ある人間だ。名前は榊祐介。学年は二年生で、厨二病まっさかりのお年頃。そんな僕が、部室でいそしんでいるのは、備品のパソコンでネットを巡回して、何の役にも立たないネットスラングを調べて喜ぶことだ。

 そんな、蛇口の壊れた水道みたいな面々の文芸部にも、どこにも欠陥のないきちんとした人が一人だけいます。浪費性廃棄物の群れに紛れ込んだ、安定した黄金のようなお方。それが、僕が愛してやまない、三年生の雪村楓先輩です。楓先輩は、三つ編み姿で眼鏡をかけている文学少女。家にはテレビもなく、活字だけを食べて育ったという、純粋培養の美少女さんです。

「サカキく~ん。ネット詳しいわよね。教えて欲しいことがあるの~」

 間延びしたような声が聞こえて、僕は体を動かした。楓先輩は、ととととと、と駆けてきて、僕の横にちょこんと座る。そのお顔はにこにこ顔で、僕への信頼に溢れている。ああ、何て素晴らしいのだろう。僕は、楓先輩にさらに好感を抱いてもらおうとして声を返す。

「どうしたのですか、先輩。ネットで、見慣れない言葉に出会ったのですか?」
「そうなの。サカキくんは、ネットに詳しいわよね?」
「ええ。ウォーレン・バフェットが経済に精通しているぐらいに、ネットを熟知しています」
「そのサカキくんに、聞きたいことがあるの」
「何でしょうか?」

 先輩は、最近ノートパソコンをお父さんに買ってもらった。文芸部の原稿を、少しでも多く書くためだ。先輩は、そのパソコンをネットに繋いだ。そこで文化的衝撃を受けてしまった。そのせいでネット初心者の楓先輩は、ずぶずぶとネットの罠にはまりつつあるのだ。

嫌儲って何?」

 うっ、僕はこの言葉に、あまりよい思い出がない。もっと言えば、トラウマ的な目に遭ったことがある。嫌儲の派生的な意味合いで、叩かれたことがあるからだ。
 とはいえ、楓先輩の質問には、きっちりと答えなければならない。僕は先輩の信頼を、地道な言論活動で獲得している。サカキくんに質問すれば、何でも答えてくれる。そう楓先輩に思ってもらうことで、僕は先輩との親密度を、少しずつ上昇させているのだ。
 だから解説せずにスルーするわけにはいかない。ここは、僕のトラウマに触れないように説明して、この話題から撤退しよう。僕は、細心の注意をもって語り始める。

嫌儲という言葉は、元々ネットの掲示板で出てきた言葉です。背景として、掲示板の書き込みを無断転載して、儲けている人たちがいました。そういった人たちに嫌悪感を抱く人たちを、嫌韓という言葉をもじって、嫌儲と呼んだのが始まりでした。
 この言葉は、基本的には侮蔑の目的で使われます。なので、使用する場合は注意が必要です。

 読み方は、けんちょ、というのが一番多いようです。ただ、漢字先行の言葉ですので、それ以外の読み方でも、間違いというわけではありません。けんもう、いやもう、いやちょ、いやもうけ、などでも、いちおう問題ありません。
 とはいえ、元々が嫌韓から発しているので、けんちょ、と呼ぶのが通りがよいと思います。

 この言葉は、その後ネットに普及して、元の言葉よりも意味の範囲が広くなっています。この拡大した意味のうち、よく見られるパターンを三つほど紹介します」

 僕は、楓先輩の様子を窺う。食い入るようにして、僕の話を聞いている。先輩は、僕の言葉に集中している。これから説明する三つのパターンのうちの一つで、僕はネットで攻撃を食らったのだ。ぐぬぬ
 その話に触れないように、一気に説明を終えたいところだ。そして、素早くこの話から離脱する。それが、僕のジャスティスだ。

「パターンその一は、商業主義に反発している人たちを指す用法です。こういった人たちの考え方は、昔からよくあるものです。ある意味、大人や社会に反発する若者のようなものです。あるいは、その若者の心を持ったまま、社会と対立して大人になってしまった人たちも含まれます。パターンその一は、こういった人たちに、嫌儲という言葉を被せものです。

 その二は、お金を払うことを過度に嫌う人たちに向けたものです。たとえば、有料コンテンツを無料でダウンロードしたがるような人たちも嫌儲と呼びます。まあ、こういったことをしている人たちは、犯罪すれすれだったり、本当に犯罪者だったりするので、蔑視の対象になるのも分からないでもないです。

 その三は、他人が儲けているのが気に食わないという、嫉妬心に凝り固まった人への言葉です。他の人が安易に金を得ているように見えたり、自分にない才能で楽をして稼いでいるように見えたりする場合、相手を批判し、些細なミスを攻撃する。そういった人にも、嫌儲のレッテルは張られます」

 僕は一通り説明を終える。これで、楓先輩が納得すれば問題ない。僕は、楓先輩の表情を確かめる。先輩は、小首を傾げて斜め上を見ている。何か考えているのだろう。これは質問が来るな。僕は身構えながら、先輩の言葉を待つ。

「ねえ、サカキくん」
「はい、楓先輩」
「世間では、お金儲けは悪いことのように言われているわよね。そういった意味では、嫌儲は一般的な感情ではないの?」

 なるほど。先輩の両親は、いわゆる商人ではない。だから、家庭ではそういった会話がおこなわれているのかもしれない。その考えは、少し改めておいた方がよい。そういった考えは、僕にとって不利だからだ。
 僕は満子部長に命令されて、文芸部の部費を補うために、エロSSを書いて売っている。そういった僕の裏の活動を楓先輩が知った時に、僕に対する嫌悪の気持ちを抱かないためにも、商売のイメージを修正しておかなければならない。
 僕は自己防衛のために、論陣を展開する。

「そもそも、物やサービスを売る商人という存在は、嫌われやすいものだと僕は思っています」
「それは、なぜなの?」

 楓先輩は、きょとんとした顔をする。僕は、自分を正当化するために熱弁を振るう。

「人類は、狩猟採集生活からスタートして、農業社会に移行して、富という名の余剰時間を集約して、文明や文化を築いてきました。そして富の蓄積が、ある一定の規模を越えた時、物々交換では資源のやり取りが困難になりました。それ以前にも、輸送の便を得るために貨幣的な品物はありましたが、規模の面で物々交換が難しくなったのです。
 米一俵と、イノシシ一頭の交換は可能ですが、米千俵とイノシシ千頭の交換は大変です。そのため資源を数値化して、別の方法で交換する手法が出てきました。量が増大することで、質の転換が起きたのです。貨幣経済の始まりです。

 この貨幣経済は、様々な技術を生み出します。いろいろな数値計算、帳簿、相場、先物取り引き。金貸しなどは、その最たるものでしょう。お金を貸し、返済時にはその金額を増やす。返せない場合は、資産を差し押さえる。
 貨幣経済が浸透していくことで、物の交換方法も変化します。品物を取り引きする際は、いったんお金に変換してからでないといけなくなる。そのことにより、物を効率的にお金に換える技術を持っていない人は、取り引きのたびに損をするようになりました。

 そういった経済技術が発達し、損得の差が積み重なることにより、商売の技術を持っていない人間の、商人への悪感情は積み上がっていきました。
 商売を生業とする民族や集団が、蔑視や虐待の対象となることがあるのは、そのためです。お金を儲けることは、不公平感を招き、攻撃を受けやすくなるのです。

 そういった背景があるために、そもそも広義の嫌儲、それも三番目の、儲けている人を妬むというのは、一般的な感情だったりします。
 しかし、正当な報酬を得ている人を攻撃したり、陰で努力をしている人の上辺だけを見て非難したりするのは、あまりよくない行為だと僕は思います。そりゃあ、過度に搾取的な儲け方をしている人は、叩かれても仕方がないです。でも、経済すべてを否定するのは、現代社会では間違っていると思います」

 僕は、自身を正当化するために、長大な台詞を吐く。楓先輩は、圧倒されて腰が引けている。僕はこれで、先輩の認識を変えられたかなと思う。

「ねえ、サカキくん」
「何でしょうか、楓先輩」
「ものすごく熱心に語っていたけど、もしかして嫌儲にトラウマでもあるの?」
「うっ」

 なぜ、ばれた?

 僕は、自分が熱を入れすぎたことに気付く。そのせいで、楓先輩は不信感を持ったのだ。僕自身のことと、何か関わりがあるのではないかと。
 もっと、さらりと言えばよかった。あっさり、さっぱり、サカキくんでいけばよかった。僕は、自分の身を守ろうとするあまりに、過剰に防衛して、自滅してしまったことに気付く。

「ねえサカキくん。嫌儲で何かあったの?」
「あー、えー」

 僕は口ごもる。とてもではないが、楓先輩の前では言えない。満子部長に言われるがままに書いて電子書籍として販売したエロSSが、たまたま瞬間的にバカ売れして、ネットの掲示板で目を付けられたなんて。
 キンドルのランキング上位に入ったのは一時間ぐらいで、すぐに圏外に消えたんだけどなあ。

 僕は、あの時のことを思い出す。ネット掲示板の住人が、僕のエロSSをわざわざ買って、その文章をさらして、いろいろと突っ込みをしたのだ。まあ、けっこう的を射た指摘だったんだけど。
 そして、こんな誰でも書ける文章で、儲けるなんてけしからん、という感じで叩かれたのだ。まあ、文章はそうかもしれない。でも、儲ける云々というところには、反論を言いたかった。

 だって、そのエロSSで儲けたお金は、満子部長の采配で、すべて文芸部の部費に回されたからだ。僕の懐には、一円も入っていないのだから。
 でも、それを明かすと、中学生で十八歳未満なのに、エロSSを書いて販売していることがばれてしまう。種明かしはできない。そういったわけで、僕は涙を呑んだのである。

 こういった話は、さすがに楓先輩にはできない。僕は仕方がないので、頭をかいて、にへらにへらと笑ってごまかした。

「何もないです」
「本当?」
「ええ……、本当です」

 すみません、先輩! さすがに、エロSSで部費を賄っているなんて、僕の口からは言えないです!
 ネズミ小僧が、正体を明かさないのと同じです。人に言えない方法で、お金を儲けていますので!

 それから三日ほど、楓先輩は真実を知ろうとして、僕に質問をし続けた。

「ねえ。サカキくんは、嫌儲の体験談はないの?」
「ないですから!」

「ねえ。サカキくんは、嫌儲の攻撃対象になったことはないの?」
「全然ないですから!」

 僕は、先輩の好奇心を侮りすぎていた。けっきょく三日間、楓先輩は僕を追い回した。僕は、興味津々の楓先輩の追及から逃れるために、部室で逃げ回ることになった。

広告を非表示にする