雲居 残月 の 小説道場

主に「小説家になろう」で書いた話を中心に、小説投稿をおこなっていきます。

「小説家になろう」ランキングアップのカンフル剤

f:id:kumoi_zangetu:20140310235359p:plain

 はてなブログでも連載投稿をしている「部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ」ですが、元々は「小説家になろう」で投稿しているものの後追い掲載です。

http://ncode.syosetu.com/n9324by/

 今回、色々と知恵を絞ってランキングアップを一時的に狙うカンフル剤的施策をして、成功を収めましたので、その記録を残しておきます。

顧客単価

 顧客単価と書くと、いきなりビジネス寄りになり、嫌儲な人から嫌われそうですが、この言葉が一番説明に便利なので、そのまま使います。

 ビジネスにおいて重要なのは、店舗への訪問者数と顧客単価です。どれだけ訪問者数が多くても、顧客単価が低いと売り上げは伸びません。逆もまた真なりです。

 これを「小説家になろう」に当てはめると、訪問者数はユニークアクセス数です。顧客単価は、その人のアクションで入ったポイントです。ポイントは、「お気に入り」で2点、「評価」で2~10点入ります。

 つまり、「小説家になろう」で顧客単価を上げるのには、「評価」をしてもらうのが最も近道だと分かります。

 さて、この「評価」ですが、読者にとってのメリットはないです。「お気に入り」に登録すれば、更新情報が分かるといった特典がありますが、「評価」は完全に書き手へのご褒美です。読者にとっては、特におこなう必要のない、無視してよいアクションだということです。

 そのため、「気に入った作品には評価を付ける」と決めたユーザーや、「読んだ作品にはすべて評価を付ける」といったユーザー以外からは、「評価」を得るのは難しいです。

 そこから分かるのは、普段「評価」を付けない読者に「評価」を促すことが、顧客単価を上げる最善手だと分かります。

見込み顧客

 こういった視点で見た際、どれだけ見込み顧客がいるかを把握することは大切です。施策を試みた時点での、大まかな数字は以下の通りでした。

最新話のユニークアクセス数:約400
お気に入り数:約800
評価者数:約50

「お気に入り数」と「評価者数」は、ほとんど被っていると想像できます。「評価」だけして、「お気に入り」はしていない人は、少ないはずです。そう推測する根拠は、「評価」の平均点が、5点満点で約4.5だからです。だいたいの人が、気に入っていると推測できます。

「お気に入り数」と「最新話のユニークアクセス数」は、アクティブユーザー数と捕らえることができます。アクティブ率は約50%。そのことから、「最新話のユニークアクセス数」の中で、既に「評価」を終えた人の数は、25~50人だと推測できます。

「評価」をした人は、熱心な読者の可能性が高いので、40人ぐらいが評価済みだと仮定して、それほど外れていないと思います。

 上記から、40/400で、約10%がアクティブユーザーの内で、評価済みだと分かります。この比率を上げることがポイント増加の近道です。そうすればランキングが上がり、読者の流入数が増えて、アクセス数も底上げされることになります。

「評価」への導線を作る

 最近実施して効果のあった「評価」を得る施策は、ランキングタグに、「評価」や「お気に入り」を促すメッセージを色付きで表示したことです。

「小説家になろう」では、外部のランキングサイトのタグを張れる領域があります。JavaScriptCSSは使えませんが、いくつかのHTMLタグを使えます。ここに、書いた内容は、小説の全てのページの末尾に表示されます。

 このランキングタグを使い、ユーザーのアクションの導線を作るわけです。普段「評価」をしない人に、「評価」をしてねと、アクションを促すわけです。

キリ番の利用

 さらに今回実験して、大きな効果を上げたのがキリ番の利用です。77話の時に、あとがきに以下のような一文を張りました。

祝77話 キリ番 \(^o^)/
記念の「評価」絶賛募集中!

 普段「評価」をしていない見込み顧客に、今日は特別な日だからアクションを起こそうと背中を押す仕掛けです。結果は以下の通りでした。

評価者数:13
24時間の獲得ポイント:165pt
アクセス数:14,207

 獲得ポイントは、その前の8回ぐらいの平均が32点だったので、5倍近い効果があったことが分かります。アクセス数は、前の8回の平均が平均6,960だったので、約2倍になっています。このアクセス増の効果は、翌日まで続き、10,772でした。そして三日後には、ほぼ前の水準に戻りました。

 この方法は、たまに行うセールのようなものなので、毎回は使えません。短期的にランキングの順位を上げ、新規顧客の流入を計るものです。誰でもできて、効果のある方法なので、覚えておくとよいと思います。

04/08 6,856
04/09 6,972 ← 実施日
04/10 14,207 ← ランキング上昇日
04/11 10,772 ← 徐々に下降
04/12 7,623
04/13 7,187
04/14 5,524
04/15 6,575

あとがき

 こういった情報を書くことは、他人の順位を上げて、自分のマイナスになるのではと考える人もいると思います。

 私は、何かのジャンルで活動する際は、そのジャンルのユーザーにとって利益になる行動をすることを行動規範にしています。なので、他人に役立つ情報は、積極的に外に出していくつもりです。

 それが巡り巡って、自分の利益になると思っているからです。

おまけ

「小説家になろう」の利用者の方は、以下の最新連載も読んでいただければ嬉しいです。連作短編なので、つまみ食いで1、2話でも楽しめて、「お気に入り」や「評価」ができると思います。よろしくお願いします!

部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ

広告を非表示にする