雲居 残月 の 小説道場

主に「小説家になろう」で書いた話を中心に、小説投稿をおこなっていきます。

『小説家になろう』連載1作目完結の反省と対策 その8「指定時刻投稿ブックマークレット」

「小説家になろう」連載1作目である「竜と、部活と、霊の騎士」では、どの時間に投稿すればよいか試行錯誤しました。

竜と、部活と、霊の騎士

■ 「小説家になろう」の投稿の仕組み

「小説家になろう」に元々付いている予約投稿システムは、時間単位でしかできず、指定した時間の00分に投稿されます。このため、同じタイミングで大量の小説が投稿されて、すぐに新着から流れてしまいます。

 そこで、時間をずらして手動で投稿するのですが、けっこう面倒です。外出時など、そういったことができないことも多いですので。

 そこで、プログラム的に投稿する方法が必要になってきます。

「小説家になろう」の投稿は、以下の画面遷移をします。

・「管理ページ」ページ→「次話投稿」リンクをクリック
・「次話投稿」ページ→「次話投稿[確認]」ボタンをクリックをクリック
・「次話投稿[確認]」ページ→「次話投稿[実行]」ボタンをクリックをクリック

 この際、予約投稿を行った場合は、指定時間までの間に、何度か編集ができます。その際は、以下のような遷移を行います。

・「管理ページ」ページ→各話の「編集」リンクをクリック
・「投稿済み小説編集」ページ→「編集[確認]」ボタンをクリックをクリック
・「投稿済み小説編集[確認]」ページ→「編集[実行]」ボタンをクリックをクリック

 この際、次話投稿の「次話投稿[実行]」ボタンのinputタグのidは「ziwainput」になります。また、投稿済み小説編の「編集[実行]」ボタンのinputタグのidは「novelmanage」になります。

 これらのボタンは、jQueryを使えば手軽に操作できます。しかし、jQueryが読み込まれているページとそうではないページが存在するので、必要に応じて読み込む必要があります。

 jQueryが読み込まれた状態では、「$("#ziwainput").click()」で、「次話投稿[実行]」ボタンを実行できます。また、「$("#novelmanage").click()」で、「編集[実行]」ボタンを実行できます。

 これらの情報と技術を使えば、ブックマークレットを作成して、指定時間に投稿を行うことができます。

ブックマークレットとは

 ブックマークレットとは、ブックマークやお気に入りの形でブラウザに保存しておき、その項目を選択することで、JavaScriptを実行するといったものです。

 通常、ブックマークに保存されているURLは「https://www.google.co.jp/」のようになっています。このURLの代わりに「javascript:alert("");void 0;」といったプログラムを保存することで、現在表示中のページで、そのプログラムを強制的に実行させることが可能です。

 このブックマークを作るには、いくつか方法がありますが、ここでは簡単な方法を紹介しておきます。以下、ブックマークとお気に入りは同じものを指します。

1. このページをブックマークする。
2. ブックマークのプロパティを開く。
3. ブックマークのタイトルを『「小説家になろう」指定時間投稿』などに書き換える。
4. ブックマークのURLを、プログラムに差し替える。

 これで終わりです。あとは、実行したいページで、そのブックマークを選択すると、自動でプログラムが実行されます。

■ 『「小説家になろう」指定時間投稿』の使い方

1. 「次話投稿[確認]」ページ、「投稿済み小説編集[確認]」ページのいずれかで、『「小説家になろう」指定時間投稿』を実行する。

2. ページ末尾に以下のような入力フォームが登場する。

現在時刻[17:02:13 ] / 開始時刻[    ]

3. 開始時刻の入力欄に、「次話投稿[実行]」ボタンや「編集[実行]」ボタンをクリックしたい時間を入力する。

例)「17:7」を入力
現在時刻[17:02:13 ] / 開始時刻[17:7  ]

 上記の場合は、17時7分になります。17:07ではないので、注意してください。

4. 指定時間になると、自動的にボタンがクリックされます。

ブックマークレット

 以下がブックマークレットです。「はてな」にブックマークレットを張るのは初めてだけど、大丈夫か?

「小説家になろう」指定時間投稿

 上記のブックマークレットは、Google Chromeで確認しています。

ブックマークレットの使用条件

 特にないです。ただ、以下のことをしてくださると、作者が喜びます。「小説家になろう」で普通に行われている、作者の応援です。

・「部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ」の「評価」「お気に入り」。

 また、二次配布は禁止です。改変しての二次配布も禁止ということで。自分で使う分に、改造するのはご自由にしてください。

■ おまけ

 現在は、第1作目の反省を活かして、下記の第2作目を執筆・連載中です。こちらもご覧いただければと思います。

部活の先輩の、三つ編み眼鏡の美少女さんが、ネットスラングに興味を持ちすぎてツライ

*1:b=$("#novelmanage"

*2:b=$("#ziwainput"

広告を非表示にする